1. Accueil
  2. Biogreen by ETIA
高温熱分解技術

ETIA 社のBiogreen

プラスチック廃棄物を電気に変換する最適なソリューション

Biogreen®は、さまざまなバルク材料の焙焼、熱分解、高温熱分解処理を可能にする、バイオマスと廃棄物残渣の連続的な熱化学変換のための革新的な特許取得済みプロセスです。

この最先端技術は、プラスチック製のごみの高発熱量を回収し、それを電気、メタン、水素の生産に適したエネルギーの豊富な合成ガス(シンガス)に変換することができます。プラスチック廃棄物を構成する炭化水素は、熱に晒されると自然に分解します。酸素の存在しない環境下での高温熱分解は、この分解を引き起こし、ガス、液体、固体などの新たな物質を生成します。

このプロセスは、電気加熱式スクリューコンベヤーSpirajoule©に基づいており、高温熱分解条件(最高800°C)での高度な熱処理用に設計されています。この技術により、温度と熱処理速度を完全に制御して、プラスチックの合成ガスへの変換を最大化できます。

したがって、生成された合成ガスは、ろ過、洗浄、凝縮のさまざまなステップで構成される精製プロセスを経ます。この重要な精製手順は、粉塵、微粒子、タール、凝縮性ガス、および塩素などの他の汚染物質を除去することを目的としています。精製された合成ガスは、内燃機関の燃料として使用され、電気または単純に熱を供給することができます。

最終的な廃棄物は、流入量の最大10%を目標として最小限に抑えられます(プラスチック入力のみと、Syngasエンジンでの熱分解オイルの使用の影響を受けます)。

コンパクトでモジュール式であるため、数週間でコンテナに入れて設置できるため、輸送や物流の問題を制限する人口に近い汚染された地域に簡単に統合できます。既存の機械は、1日に5〜12トンのプラスチック廃棄物を処理し、最大2.5MWh / tonを生成できます。エネルギー廃棄物を処理するプラスチック廃棄物は、複数のBiogreen®が並行して動作するように設定でき、高容量の処理が可能になります。

Biogreen®は最も厳しい環境基準を満たしており、CE認定を受けています。これらの小規模および中規模のソリューションは、分散型の廃棄物管理とエネルギー生産を支持しており、効率と社会的および環境的メリットが認められています。

この革新的な技術的アプローチは、リモートプラスチック廃棄物がエネルギー移行の追加リソースになる可能性があることを示しています。

拡張性に向けてのパイロットプロジェクト

私たちの最初の設備は現在、パリに近いフランスのパイロットサイトで稼働しており、そのエネルギー性能の検証や、環境フットプリントの評価に使用されています。

同時に、一連の「概念実証」プロジェクトが検討されており、ビジネスモデル、社会的利益、およびプラスチック廃棄物の環境価値へのプラスの影響を、島、川、沿岸都市などの戦略的な場所で紹介しています。