1. Accueil
  2. L'hydrogène et sa pile à combustible
水素と燃料電池

未来のエネルギー源

Plastic Omnium社が開発した水素によるソリューション

日中、レース・フォー・ウォーターの船が航行中には太陽光エネルギーが生成され、船を前進させると同時にバッテリーを充電するために使用されます。夜には、充電されたバッテリーが船上での生活を可能にし、船を駆動させるために必要なエネルギーを供給します。船が着岸すると、余剰の太陽光エネルギーが水素を生成するために使用され、水素は後で使用するために高圧タンクに蓄積されます。

まず海水が汲み上げられ、脱塩され、船内に貯蔵されます。この淡水は浄化され、利用可能な余剰の太陽光エネルギーを使用して電解されます。

電解槽は、最大50 barの圧力で水素を生成します。水素は最初に精製(乾燥)され、350 barで圧縮され、特別仕様のタンクに保管されます。このようにして、200kg近くの水素を船内に保管することができますが、これは6~7日間分の余剰エネルギーに相当します。

その後、水素は2つの30kW燃料電池を介して電気に変換されます。これらの燃料電池は、バッテリーの充電レベルを維持するか、必要に応じて電気エンジンの駆動に使用できます。

  • オンデマンドのエネルギー源:必要に応じて燃料電池システムを介して水素を電気に変換でき、必要なエネルギーを供給します。 これは船がクリーンエネルギーを使用して航行できること、および海上でのエネルギー移行が実現可能であることを示しています。

 

  • 海でのエネルギー面での自給自足:船には25本の水素のボトルが搭載されており、350バールの圧力で貯蔵されます。 約200kgの水素を約2,600kWhの電気に変換できます。 これは、船のバッテリーに保存されている電気量の4倍(745kWh)に相当します。 水素システムのおかげで、船には6日間の余剰燃料があり、日光がなくても5ノットの速度で航行することができます。

 

  • 商業的に実行可能な技術:レース・フォー・ウォーターが使用する水素ソリューションは、さまざまな企業とのパートナーシップによる既存の技術のみに基づいています。

電気駆動の主唱者、Plastic Omniumについて調べる

私たちのパートナー

メインパートナー
オフィシャルパートナー