1. Accueil
  2. Governance
  3. Marco Simeoni
Board

Marco Simeoni

レース・フォー・ウォーター財団理事長、遠征リーダー

マルコ・シメオーニ:彼の行動への情熱

「私は常にセーリングと海に情熱を傾けてきました。それらが悪化するのを見て、ぼんやりと座っていることができませんでした。」

決心が固く、積極的で、行動への確信のあるマルコ・シメオーニは、スイスにあるフランス語圏のローザンヌ地方で育ち、工学を学びました。 「私は常にセーリングと海に情熱を傾けてきました。それらが悪化するのを見て、ぼんやりと座っていることができませんでした。」

起業家でありエンジニアでもある彼は、ITコンサルティング会社3大企業の1つであるVeltigroupを設立しました。 2010年、マルコは海洋への情熱、エンジニア起業家としての専門知識を活用して、レース・フォー・ウォーター財団を設立しました。

2015年、マルコは海のプラスチック汚染を自分の目で確かめるための最初の航海に参加しました。 「私たちが見たのは、想像していた以上のものでした。」すべてのビーチやすべての海にプラスチック廃棄物がありました。 「海にある還流(海流や大気の大きな循環系)の中に、マイクロプラスチックの「スープ」を観察しました。私はすぐに、これらのプラスチックを海から除去することは不可能であることに気づきました。

解決方法は地上にあり、廃棄物が海に到達する前に回収することです。 「2016年に人為的汚染から海洋を保護するための解決方法を検討しました。私は解決方法が存在することを実証するために再び航海に出発しました。今、プラスチック廃棄物をエネルギー資源に変換できる技術、そして、最先端の太陽・水素・カイトの混合技術で再生可能エネルギーを動力源する私たちの船で解決方法をご紹介できることを誇りに思います。エネルギー転換の中心にいることこそが、解決方法なのです。」

Help us to preserve the oceans!
Your donations are essential to perpetuate our awareness-raising actions and the deployment of solutions against plastic pollution of the oceans.