財団

プラスチック廃棄物の海への到達を食い止めるため、行動しましょう。

レース・フォー・ウォーター財団

2010年、スイスの起業家マルコ・シメオーニは、ローザンヌに拠点とするレース・フォー・ウォーター財団を創設し、彼の起業家精神のすべてを海洋保全に注いでいます。海に係ることには情熱的な彼は、2015年に科学的・環境的な探索、レース・フォー・ウォーター・オデッセイを立ち上げ、海洋プラスチック汚染に関する世界初のグローバルな評価を行うことにしました。調査結果は明らかでした。「プラスチックの島」は存在しないため、海でプラスチック廃棄物を回収することは単なる幻想にすぎません。確かに、海流に漂う「マイクロプラスチックのスープ」が海洋の真ん中で放置されています。 「ソリューションは陸上にあるということをすぐに認識しました。プラスチック廃棄物が海洋に到達するのを防ぐことが絶対に不可欠です」とマルコ・シメオーニは説明します。 2017年4月9日、レース・フォー・ウォーターは再び世界を航海を開始しました。今回は5年間に及ぶ航海で、地球規模の真の環境災害であるプラスチック汚染から海洋を保護するためのソリューションを提供しました。

ZERIジャパンは、レース・フォー・ウォーター財団と彼らの船の日本への寄港を公式に歓迎します。
私たちのプログラム

海洋保全のための3つのミッション

レース・フォー・ウォーター財団は、水と海洋の保全に注力する組織です。生命にとって不可欠な資源である海は、現在深刻なプラスチック汚染の脅威にさらされており、保護しなければなりません。

学び — プラスチックによる水質汚染に関する科学的知識の向上に貢献する

共有 — 意思決定者に注意を喚起し、一般大衆の意識を高め、若い世代を教育する

行動 — 持続可能で、経済的・環境的・社会的な影響を伴うソリューションを実施・促進する

最善の廃棄物対策は、生産しないこと

海洋プラスチック汚染対策のための革新的なソリューション

私たちは、プラスチック生産のために実施されている現在の方法のレビューを促進し、すべての人にプラスチック消費を削減し、プラスチック廃棄物をリサイクルするよう促します。

現在のリサイクルモデルは、その脆弱性のために普及の障害となっています。 現在、リサイクルのために収集されているプラスチック廃棄物はわずか15〜20%です。 これらの収集された材料の半分以上は、健康上、安全上、品質上、また汚染といった理由でリサイクルができません。 さらに、法外なリサイクルコストは、新たなプラスチックの使用の口実となってしまうのです。

グローバルな課題に、地域のソリューション
プラスチック廃棄物を電力に変換
コンテナに設置されたBiogreen 300モデル
5トン
毎日処理できるプラスチック廃棄物の量
Biogreen®のソリューションで50,000~100,000人の人口に対応
850°Cのテクノロジー
高温熱分解
燃焼を伴わない
最大2.5 MWh
プラスチック1トンあたりの電気生産量
ターゲットエリア6,000世帯の需要をカバーする

持続可能で環境に優しい循環プラスチック経済を見越して、レース・フォー・ウォーター財団は、大規模に展開でき、プラスチック廃棄物による海洋汚染をほぼ解決できる現実的なソリューションを提案します。 すべてのプラスチック廃棄物を電気に変換するために開発された、高温熱分解技術を提供しています。 コンテナに設置されたユニットは、居住地域の近くに設置でき、島などの孤立したコミュニティが廃棄物管理とエネルギー生産を個別に管理できるようにします。 電気の販売によって得られた収入は、街頭コレクターに支払う報酬の源となり、廃棄物処理費用の削減になります。 経済的、社会的、環境的なレベルで、その生産価値は地域コミュニティに直接利益をもたらします。

 

 

 

 

 

エネルギー遷移を具現化するレース・フォー・ウォーター号、動力の源は太陽光と風と海

船の航路
5名の乗組員
250m2 の作業スペース
100トン
最高速度8ノット
16~26m
30~35m
航海図

レース・フォー・ウォーター・オデッセイ 2017-2021

レース・フォー・ウォーターはコミットメントを継続中であり、科学とエネルギー移行を支援するために、5年間の世界航海に戻ってきました。
304 航海日数
22 寄港地数
26190 航行マイル
プレス

メディアが私たちについて話していること

2075 の記事、2017年4月以来 (Meltwater調べ)
France 6 July 2019 Presse Océan : La chasse aux déchets plastiques est ouverte Bali 12 June 2019 Bali Post : Edukasi Masy arakat Bali 11 June 2019 Bali Express : Perangi Sampah Plastik, Cok Ace Apresiasi Yayasan Race for Water Allemagne 3 June 2019 Forum : Das plastik problem anpacken Suisse 6 May 2019 La Tribune des Arts : Race for Water ou la fin de la soupe de plastique ? Vanuatu 6 April 2019 Dailypost : Minister Regenvanu welcomes Race for Water Foundation Vanuatu 4 April 2019 Dailypost : Race for Water in Vanuatu Nouvelle-Calédonie 20 February 2019 Des microparticules de plastiques dans le lagon, avec un effet réeel sur le corail Nouvelle-Calédonie 4 February 2019 Race for Water dans la course contre le plastique Fidji 9 January 2019 Microplastics study student privileged to learn onboard revolutionary vessel Fidji 10 January 2019 The Fiji Times : We must preserve our marine life USA 7 January 2019 Forbes : Converting Plastic into energy may be key to cleaning oceans Suisse 16 December 2018 Neue Zürcher Zeitung (NZZ) : Plastikmüll im Meer. Suisse 6 December 2018 24 Heures : "Il faut donner une valeur aux déchets plastiques." Suisse 8 December 2018 Bilan : Race for Water «fait de la chirurgie de guerre» Suisse 8 December 2018 Le Temps : Grand format week-end par Marc Aymon Polynésie Française 8 October 2018 La Dépêche de Tahiti : L'eau, le soleil, le vent : un trio gagnant. Polynésie Française 9 October 2018 La Dépêche de Tahiti : Diminuer la pollution des océans par les sacs plastiques, la croisade de Race for Water Polynésie Française 9 October 2018 Tahiti-Infos : Pollution plastique, le navire Race for Water en escale en Polynésie Suisse 24 March 2018 24 heures : Breguet rejoint l'odyssée contre la pollution plastique Chili 12 June 2018 La Estrella : Al abordaje del "Race for Water" : la odisea ambientalista France 23 May 2018 Ouest-France : La mer sans plastique, c'est possible! Pérou 25 March 2018 La Republica Domingo : Odisea Ecologica France 7 August 2018 Wapiti : On protège les océans avec Race for Water France 28 May 2018 Le Figaro : La pyrolyse, une solution pour transformer les déchets plastiques en énergie.

私たちのパートナー

メインパートナー
オフィシャルパートナー