1. Accueil
  2. LEARN
LEARN

科学的知見の向上に貢献するために

LEARNプログラムを通じて、私たちはプラスチックによる水質汚染に関する科学的知見の向上に寄与していますが、その影響はまだほとんど解明されていません。

教育用ビデオシリーズ

専門家に聞く

レース・フォー・ウォーター財団は、近日公開予定のドキュメンタリー映画制作の一環として、プラスチック危機をめぐるさまざまな問題について専門家に会いに行きました。

私たちは今日、プラスチックが単なる公害問題ではなく、もっと複雑な問題に触れていることを知り、一般の人々に知ってもらい、政治や産業のリーダーたちが真剣に検討してもらう必要があることを知りました。

この貴重な知識を共有するために、私たちは、プラスチック包装の健康へのリスク、プラスチックに含まれる化学物質、リサイクルとプラスチックの代替品に関する現在の危険性、社会と環境正義などの問題を取り上げた短いエピソードをシリーズで制作することにしました。

各シリーズの最後には、これらの多くの課題に対する可能な解決策についてのエピソードが掲載されています。

自分自身が専門家になるためには、それぞれの分野で認められた科学者や専門家の指導を受けることです。

WEBレクチャーシリーズ

「専門家に聞く」

このウェビナーでは、科学者、オピニオンリーダー、政策立案者、そして市民をつなぐ架け橋となり、海洋保護と私たち全員の健全な環境を確保するために、社会が必要とする緊急の変化を加速させることを目的としています。

フィールドで科学の専門家とともに調査する

オデッセイ2015:研究に特化した初のオデッセイ

2015年、最初のオデッセイによって、この汚染のグローバルな状況分析が可能になり、科学的研究を開始することができました。その最初の結果は、「海岸で採取された海洋プラスチック廃棄物の定量的・定性的分析」と題した科学的報告書として発表されています。

研究テーマは、大西洋、太平洋、インド洋の「ジャイル」周辺に位置する30の海岸で採取されたマクロプラスチックとマイクロプラスチックの研究に基づいています。

今回の探検で、海の中心に位置する海岸に捨てられるプラスチックゴミの大半は、非常に小さなサイズであることがわかりました。科学者の間では「マイクロプラスチック」と呼ばれ、水中の汚染物質を濃縮し、海洋生物に多くの有害な影響を及ぼすと言われています。フランスのボルドー大学の研究チームは、マイクロプラスチックが魚の細胞、胚、幼生、稚魚に与える環境毒性効果を理解するために、採取したサンプルについて数年間研究を続けました。この素晴らしい科学的ミッションに捧げる記事で、その結果の全容をお読みください。

 

マイクロプラスチックが魚の幼生や胚に与える驚くべき影響。

ボルドー大学、ナントのONIRIS、ローザンヌのEPFLのパートナーとともに行った4年間の科学的研究と実験の結果、オデッセイ・レース・フォー・ウォータ 2015から新しい有益な結果が得られました… 

記事へのリンク  

オデッセイ20172020:特別な船で新たなミッションに挑む

科学的な探検に適応したレース・フォー・ウォーター号は、2016年に全面改装され、船上での最適な作業環境を提供するようになりました。90m2の広さを持つこの船は、安定性とエネルギーの自給自足により、海洋におけるプラスチック汚染の影響に関する研究を専門とする5~7人の研究者のチームを乗せることができます。2017年から2020年のオデッセイでは、海洋のプラスチック汚染に関する科学的知識の進展に貢献するために、7つ以上のミッションが実施されました。

交流の場:"水の守護神の専門家"

最初のオデッセイに続いて、財団は海洋プラスチック汚染との闘いにおける専門知識を交換し、共有するための国際的なコミュニケーション・プラットフォームを開始しました。

現在、このプラットフォームには、2回のオデッセイで出会った研究者、組織、協会、機関、政府、起業家、メーカーなどの専門家のコミュニティ全体が集結しています。現在、一般公開中です。

 

翻訳:ZERIジャパン

New Video Series
Race for Water Foundation met with experts on the many issues surrounding the plastic crisis.

Find out more about our LEARN program