1. Accueil
  2. Act
ACT

プラスチックを海に流さないために

2015年に当財団が開始した、海洋におけるプラスチック汚染の世界的な評価を目的とした探検「レース・フォー・ウォーター・オデッセイ」の結果を受けて、「プラスチック汚染はいたるところにある」という結論が明らかになりました。第7の大陸も、プラスチックの島もなく、むしろ “ジャイル “に漂うプラスチック廃棄物のスープなのです。しかし、そのうちのごく一部が地表に姿を現しているに過ぎません。そのほとんどは、沈んだり、限りなく小さな破片になっています。そのため、大規模な海洋浄化は現実的ではありません。私たちが今直面しているこの21世紀の惨状に効果的に対処できるのは、陸上での解決策だけなのです。

最も良い廃棄物は、あなたが出さない廃棄物です。

深海から離島まで、プラスチック汚染はいたるところにあります。

なぜ、このような危機的状況に陥ったのか。プラスチックが私たちの生活に入り込んできただけなのです。プラスチックは分解に数百年かかり、有毒な化学物質で作られていますが、使い捨ての製品を設計し、一定の衛生基準を保証するためには、これが最適な素材であると判断されたのです。

世界のプラスチック生産量の急激な増加の一方で、それが生み出す廃棄物を管理するための十分なインフラの整備は進んでいません。さらに、ほとんどのプラスチックは、経済的、技術的、環境的な理由から、リサイクルが難しいか不可能です。欧米諸国は自国のプラスチック廃棄物を管理できず、結局、十分な廃棄物管理施設を持たない発展途上国にかなりの割合を輸出しています。

その結果、現在ではプラスチック廃棄物の15〜20%しかリサイクルのために回収されていません。



5R refuser réduire réutiliser réparer recycler

では、どうすればこの惨状を食い止めることができるのでしょうか。

プラスチック廃棄物をできるだけ減らすために、私たちの生産と消費のパターンを変えることは最優先事項であり、プラスチック製品のリサイクル性を促進し、無毒性を保証することは、プラプラスチック生産チェーンに関わる多くの関係者が行うべき緊急の取り組みです。

私たちの組織は、プラスチックへの依存をなくすための方法と、それがなぜ重要なのかについての認識を高めることに積極的に取り組んでいます。

プラスチック廃棄物に価値を与え、回収を促進する

私たちは、プラスチックを捨てずに回収することを促すために、プラスチック廃棄物の新しい管理モデルも推進しています。この複雑な廃棄物の管理ソリューションを見つけることは急務です。地域規模ではリサイクルが不可能な場合が多く、埋め立ては受け入れられないため、私たちは分散型のエネルギー回収装置を使い、高温熱分解プロセスでプラスチック廃棄物をエネルギーに変えることを提案しています。

生産されたエネルギーからの収益は、回収業者への支払いや廃棄物の管理コストの削減に充てられ、経済的、社会的、環境的に地域社会に直接的な利益をもたらすことになります。

私たちは、これらの目的を達成するための有望な技術として、高温熱分解を挙げています。このプロセスでは、ほとんどの種類のポリマーを扱うことができ、ブレンドして受け入れることができます。大都市や島嶼部では、人間サイズのプラスチック廃棄物から、興味深い収率でガスや電気を生産できる技術もあります。地球規模で行われているプラスチック廃棄物の不適切な管理は、住民と海洋のために地域ごとに価値を創造することで最適化できるのです。

solution pollution plastique
清掃船

海、川、湖から廃棄物を回収する解決策

海をきれいにしたいというのは非現実的ですが、港や川、湖、海岸近くに清掃システムを設置することは意味があります。このため、当財団は、毎日海に流れ込むプラスチックの量を制限するために、効率的で環境に配慮した清掃船を提案しています。

collector déchets plastique océans

翻訳:ZERIジャパン

New Video Series
Race for Water Foundation met with experts on the many issues surrounding the plastic crisis.

Find out more about our LEARN program