1. Accueil
  2. ニュース
  3. プラスチックの世界のあらゆる側面を知る
ニュース
動画シリーズ「専門家に会う」継続のお知らせ

プラスチックの世界のあらゆる側面を知る

専門家に会う - ピート・マイヤーズ(PETE MYERS), 環境健康科学(Environmental Health Sciences)の創設者、CEO、チーフサイエンティスト

1990年から10数年間、マイヤーズ博士はバージニア州シャーロッツビルにあるW.アルトン・ジョーンズ財団の理事を務めました。また、共著に「奪われし未来(Our Stolen Future)」(1996年)があり、汚染が胎児の発育を脅かすという懸念の科学的根拠を探っています。現在、ピートは内分泌撹乱作用が人間の健康に与える影響に関する主要な研究に積極的に取り組んでいます。この春先には、この話題を中心にインタビューさせていただきました。

第1話 内分泌撹乱化学物質

第2話 化学物質の試験と規制

第3話 リサイクルプラスチックと生分解性プラスチック

第4話 解決策

 

 

専門家に会う - アンネ・レイラ・マイスターシャイム (ANNE-LEÏLA MEISTERTZHEIM), PLASTIC@SEA ディレクター

アンネ・レイラ・マイスターシャイムは、海洋生物学の博士号を取得しています。彼女は2018 年にPlastic@Sea を設立し、その専門性は現在、海洋生態系におけるプラスチックの運命と影響について国際的に認知されて います。2019年から、マイスターシャイム博士はレース・フォー・ウォーター・カレッジ・オブ・エキスパ ートのメンバーとして活動しています。プラスチックと海洋に関する一連のエピソードに、これ以上ないほ どふさわしい専門家を見つけることができました。

 

第1話 絶滅の危機に瀕した生態系

第2話 海上での生分解性

 

専門家に会う - ケムセック(Chemsec)社上級毒物学者アンナ・レンクイスト(ANNA LENNQUIST)氏とのインタビュー

「専門家に会う」シリーズのその次の回は、プラスチックと化学物質に焦点を当て、ケムセックの毒物学者であるアンナ・レンクイストにお話を伺います。化学物質を使わない世界への移行を目指し、精力的に活動しているレンクイスト博士が、その道筋を示してくれています。

第6話 化学物質の危険性

第7話 有害物質のリサイクル

第8話 有害物質から解放される

第9話 企業の役割

専門家に聞く – ファビエンヌ・マレイソン(Fabienne Maleysson)氏(ジャーナリスト – Que Choisir社(フランスの消費者グループ:1951年設立)) へのインタビュー –

使い捨てのプラスチック製品の使用禁止はますます一般的になってきましたが、今日市場に出回っているいわゆるエコロジーな代替品にも問題がないわけではありません。2021年に雑誌UFC Que-Choisirが行った調査によると、植物性材料で作られたいくつかの家庭用品のほとんどに、健康にとって好ましくない危険な物質が含まれていました。ジャーナリストのファビエンヌ・マレイソン氏が言及しているように、絶対的な意味で、まず次の質問をすることによって変えなければならないのは、私たちの消費のあり方です。「使い捨てのものを買う必要が本当にありますか?」

第10話 使い捨てプラスチックの危険な代用品

翻訳:ZERIジャパン

この記事は面白かったですか?共有してください!
New Video Series
Race for Water Foundation met with experts on the many issues surrounding the plastic crisis.

Find out more about our LEARN program